私たちは、長野県上田市を拠点に、1匹でも多くの犬・猫を救うための活動を行うボランティア団体です。

一匹でも犬・ねこを救う会のブログ

images

お知らせ一覧
ブログトップ
旧ブログはこちら

銀嶺祭と東御市中央公民館『くらしを見直そう展』の様子について

ご報告が遅くなりましたが、、

『10月28日 銀嶺祭 信州大学松本キャンパスを訪れて』

爽やかな秋晴れ、屋台にぎわう色とりどりの並木みち!
学生時代に戻った錯覚!夢みたい(^_^)
ところで、なぜ僕たちはここにいるのでしょう?…

「僕たちの活動をホームページで知り、銀嶺祭で、
その活動を紹介しながらチャリティ企画として
バザーと物産展を行い、
売上げを僕たちのような団体に使ってもらいたい」と
銀嶺祭 実行委員の学生さんたちから、お話をいただいたのが6月。
何ともうれしいお申し出!
思わずほっぺをつねりましたよ(^_^)

8月、
彼女たちは譲渡会を訪れ、
犬猫たちの現状やボランティア活動のこと…..
それは熱心に取材していきました。

本番の10月!
どうなったか楽しみだったので、お礼を兼ねて
彼女たちのブースを訪ねた訳です!

犬猫の現状報告など何枚もの展示物!
  愛護活動についての啓発物も多数ありました。
取材を通し、真剣に受け止め感じてくれたことが
とても嬉しくなりました!

そして僕たち自身も啓発展示で
何をどうアピールしたらよいか
とっても参考になりました!

おみやげにバザー出品の座卓2つを背負って
名残惜しいけれどキャンパスを後にしました。

後日、
当会へ75,422円ものご寄付をいただきました!
大切に使わせていただきますね
本当にありがとうございました。

これからも若い世代が、どんどんと
愛護活動に興味をもち
きちんとした知識、理解のもとに
自分たちは、どうしたらよいか考え、
学んだこと、心に残ったことを
いろんな人たちに話し伝えて欲しい...

さわやかな余韻の残る交流でした。


11月10日
東御市生活環境課さんのお誘いで
東御市中央公民館にて
『くらしを見直そう展』に
啓発ブースを出させていただきました。

東御市でも『飼い主のいない猫』の相談案件が多数寄せられるそうです。
パネルでの啓発と 当会の活動紹介。
 この日はチャリティーカレンダーと
オリジナコーヒーの販売も
させて頂きました。

今後、飼い主のいない猫対策の講習会も素晴らしい中央公民館で、東御市さんと協働して開催したいです。

相談や励ましをいただき、新しい出会いもありました。

たまたま目にした啓発ポスターが
一人でも多くの方に伝わって欲しいです。

PAGE TOP