私たちは、長野県上田市を拠点に、1匹でも多くの犬・猫を救うための活動を行うボランティア団体です。

一匹でも犬・ねこを救う会のブログ

images

お知らせ一覧
ブログトップ
旧ブログはこちら

テーマ:日記

メンバー:

河川敷で迷子だったチワワミックスがおうちに帰りました

以前、ブログでもかきました、
小牧橋の下で保護した犬マッキー。
詳細はこちら↓
http://inuneko-sukuukai.com/share-cat/908/
とても元気でやや凶暴で、家人を何回か
本気噛みして私も噛まれ、接するときは
気をつけていましたが、保護して1週間位
するとだんだんと慣れてきて、唸ることも
噛むことも少なくなりました。
しかしながら、この犬を里親さんに渡すには
半年ぐらいかかるかな・・・と覚悟していました。
すると今日、保健所から電話あり、
「国分でチワワミックスを捜している人がいるので
見に行ってもいいですか?」と言うのです。
今頃?保護してからもう2週間以上経っています。。。
でも捜している犬がマッキーの特徴に該当しています。
Kさんという方で、家に来てマッキーを見て、
「そうです!家の犬です。『たま』です。」
「たま、たま!」
呼びかけると、たまことマッキーは最初きょとんと
してKさんを見て、びっくりしていましたが
すぐにぴょんぴょんとジャンプして、
Kさんにだっこされました。
「虐待…していませんでしたか?」
私は聞きました。一番聞きたかったことです。
人に対して唸る、噛むが余りにも激しかった
からです。
でも、Kさんは「していません」と…。
いなくなって、なぜすぐ捜してくれなかった
のでしょう?
なぜ2週間以上もほったらかしにしていたの
でしょう?
その間、たまはどんなに心細い思いをして
いたことか…。
Kさんに抱かれた たまは嬉しそうにKさんの
顔をぺろぺろ。
「もう絶対離さないでください」と強く
お願いして、たまとお別れしました。。。
突然のお別れでした。
たまの幸せを願うばかりです。

PAGE TOP