私たちは、長野県上田市を拠点に、1匹でも多くの犬・猫を救うための活動を行うボランティア団体です。

一匹でも犬・ねこを救う会のブログ

images

お知らせ一覧
ブログトップ
旧ブログはこちら

テーマ:譲渡決定

タグ:, ,

メンバー:

わんこの嬉しい譲渡もありましたよ♪

 

おじいちゃんワンコ

2匹譲渡のお話です(^-^)

保健所で迷子として保護される

ワンコの中では、高齢な犬が

多いです。

人間も高齢化してる中、

犬 や猫も長生きになりました。

愛犬家、愛猫家の方にとっては

ペットが長く生きて共に

過ごせる事は嬉しい事です。

しかし、動物も人間と一緒で

年をとれば、足腰 が弱くなり、

痴呆にも寝たきりにもなります。

人間は介護施設があるけれど…

(最近は、ペット専門の施設も
増えてきてはいますが)

若い犬が迷子になり、

保護された場合には飼い主の

不注意による脱走が多い事が

理由としてあげられますが、

ヨタヨタと足腰が衰えた老犬…

耳も目も機能が低下している老犬…

脱走してしまい捕まらないですか?

探さないですか?

警察に届け、保健所や市役所などに

連絡すらしていない飼い主は

明らかに遺棄をしているんですよね。

上田保健所にずっと迎えが

来ない老犬が2匹。

身勝手な飼い主には是非、

彼達のいる場所を見ていただきたい。

1、2歩 歩くだけで

顔にぶつかる 鉄格子。

もちろんトイレもなく、

その場で便をして、

その場で水やエサを食べ、

その場で寝る。

切り刻んだ新聞紙が薄く

敷いてあるか、スノコ板の上で、

窓もない夜は真っ暗。

昼間は蛍光灯の明かりのみ。

そんな中に、1ヶ月以上も

この2匹は迎えに来ない飼い主を

待ちながら過ごしていました。。。

当会も、メンバー宅には

既に痴呆が始まっている老犬が4匹…

うーむ…とメンバー一同

もどかしい気持ちで、預かり先、

里親さんを探していました。

そんな中、メンバーのご紹介で

小諸市のOさんが、おじいちゃん

ワンコを見てくださる事に!

最初は一匹だけとの事でしたが、

Oさんが旦那様に頑張って

交渉してくださり、2匹迎えて

くださる事になりました。

本当にありがたい限りで

2匹を迎えに、5月18日保健所へ!

先ずは、車まで行けるかな?

ヨタヨタ…立ち止まり…

よいしょよいしょと(^^)

乗車にはもちろん、抱っこです。

5月でしたが、すっかりいい汗かきました。

仮名は『テリー』と『中山さん』♪

 

キャリーには、入りません!と

頑固さを見せてくる

おじいちゃんワンコ(^_^;)

仕方なく急遽、後部座席を

バリアフリーにして、

即席バリケードで2区画に。

目は見えていませんが、

光を感じるのか窓の外を見る

『中山さん』IMG_7051

途中いきなりバリケードを

破壊しようとする『テリー』

IMG_7050

車で40分の距離なので途中、

小休憩…

2匹とも爪が長くなり過ぎて

変形しているので、

日向ぼっこしながら爪切りタイム。

トイレ…お水…おやつ…(;^_^A

なんだかバス旅行の様になって

来てしまったので、病院へと急ぎました。

病院では、『中山さんちのテリーちゃーん』

って呼ばれたね(;^_^A

看護士さん、ややこしい仮名を

付けてごめんなさい。

IMG_7048 IMG_7049

2匹にとっては久しぶりの

お出掛けで疲れたね。

保健所へのお迎えが遅くなりごめんね。

あともう少し頑張って!

もう少しで優しい優しい

Oさんが待ってるよ!と、

やっとの思いでOさん宅に

着いたのは辺りもすっかり

暗くなっている頃でした。

IMG_7047

Oさんより、その後2匹は

毎日少しづつ体力をみながら、

お散歩にもでているそう。

テリーは意外と、旦那様に

懐いているんだとか(^^)

中山さんは相変わらず

マイペースにクルクル歩いて

いるんだそうです。

Oさん、2匹がゆったり安心して

過ごせる環境をくださり

心より感謝申し上げます。

テリー中山さんまた会いに行くね!

(おぼえてないと思うケド…(笑))

PAGE TOP