私たちは、長野県上田市を拠点に、1匹でも多くの犬・猫を救うための活動を行うボランティア団体です。

一匹でも犬・ねこを救う会のブログ

images

お知らせ一覧
ブログトップ
旧ブログはこちら

テーマ:活動報告

タグ:,

メンバー:

上田市長へ表敬訪問してまいりました!  

10月19日(水) 午前10時30分~11時

10月19日、犬・ねこ・暮らしフェスタ(第一弾)の

パネルディスカッション開催まで、

あと1週間となったところで、

いつもアドバイスいただいている

松山市議の取り計らいで、この日、

メンバー5人で母袋創一市長を

表敬訪問することができました!

申し遅れましたが、私はこの10月に、

当会の創設者でもあります、

前任者の日比よりバトンを引き継ぎ

新代表となりました清原と申します。

一層のご支援・ご指導を賜りますよう

心よりお願い申し上げます。

さて、表敬訪問の話題に戻ります!

時間まで松山議員さんがメンバーの

緊張をほぐしてくださいましたが、

生活環境部の方々…

市民参加協働部の方々…

秘書課の職員の皆様が同席され、

更に報道機関もセットされた部屋に通されると、

メンバー一同、そりゃー緊張しました!

そこに母袋市長が入られて本番スタート!

ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

各々自己紹介をさせていただき、

この度のサントミューゼの

『犬ネコフェスタ〜魅力ある街ってなんですか?
譲渡で繋ごう命のバトン〜』のイベントに

至る経緯や主旨、当会の活動等を

紹介させていただきました。

わがまち魅力アップ応援事業(補助金)により、

日頃のご支援をいただいていることに

ついてもお礼を述べ、動物と暮らしに

関わる課題について懇談させていただきました。

最後に自慢のポスターを掲げ記念撮影で

終了しました!

これまで行政に殺処分を押し付けてきた過去。

これからは市民の側が変わらないといけないと

メンバーが発言すると、母袋市長より

『獣害対策にも苦慮しているんだよ、

命(を生かす殺す)に係わる仕事は悩ましい…』

と仰っておりました言葉が心に残りました。

また、災害時のペットとの同行避難、

高齢者へのアニマルセラピーの効果、

地域猫(TNR活動)が空き家周辺環境の

保全や地域おこし等につながるなど

横断的な効果も見込める為、是非!

動物行政の推進、市民と行政の連携づくりに

一層の支援を、とお願いしました。

市長様、職員の皆様、貴重な時間を

いただき本当にありがとうございました。

早速記事にしていただいた報道の

皆様にも感謝申し上げます。

img_7999
↑信州民報さん

img_7996
↑信濃毎日新聞さん

img_8002
↑東信ジャーナルさん

 

また、日頃個人で預かりをしていただいている

皆さま、本当にありがとうございます。

お疲れ様です。
そして、今回の一連のイベントについて、

ポスターのデザイン・印刷、フォトコンテストの協力、

財政支援、労力の申し出、コラボいただく様々な

団体や個人の皆様にも、真心の応援をいただいて

おりますことに、心から御礼を申し上げます。

 

まずはサントミューゼにて開催させていただく、

10月26日(水)のパネルディスカッションに集中!

開場18:00、開演18:30です。

入場無料、申し込み不要です!

多数の皆様のご来場を心よりお待ちしております!

★詳細はコチラ★

また、お願いばかりで大変恐縮ではございますが、

保護ネコ達のフード、トイレ砂が不足しております。

現在、当会では98匹の保護ネコ、

6匹の保護犬をみております。

どうか支援物資のご協力いただきたく

お願い申し上げます。

★欲しいものリスト★


当会は上田市の特定非営利活動法人の

ARO(アロ)さんと猫の里親さん募集で

協働しています。

里親さんが見つかるまでの一時保護施設となる

共同シェルターの改修の為、ただいま

Aroさんがネットを通じて支援を募っております。

★詳細はコチラ★

こちらにつきましても、あたたかいご支援を

賜りますよう、どうかよろしくお願い申し上げます。

PAGE TOP